観葉植物を土を使わない「ハイドロカルチャー」で「植物のある暮らし」を提案する有限会社三浦園芸

会社概要
有限会社三浦園芸

会社名
有限会社三浦園芸

本社所在地
〒444-3624 愛知県岡崎市牧平町字大門45番地
TEL (0564)82-2651 FAX (0564)82-3087

代表取締役
三浦 基彰

創業 昭和46年11月  設立 平成2年11月

資本金
500万円

従業員数
従業員 10名
パート・アルバイト 41名

事業内容
施設園芸 
観葉植物の生産・卸売り 
ハイドロカルチャーと土植えの小鉢~大鉢

規模
自社農場2ha、海外委託農場(フィリピン)63ha、国内委託農場(愛知、三重 計2戸)1.1ha  

経営理念
お客様が喜んでくださるものを、「お客様の手元に届けるまで」責任を持って提供する

アクセスマップ >>>>

※誠に申し訳ございませんが、弊社では農場での直接販売は致しておりません。
樹里オンラインショップ』 にてお問い合わせ下さいませ。

沿革
1970年

三浦正が新規就農、シンビジウム栽培を開始
(その後周年出荷可能な観葉植物へ転換)

1980年 ハイドロカルチャー(水耕栽培)の導入
1988年 委託農場を持ち始める
1990年 法人化
1998年 (有)ピアンタ(現:三浦商事)を設立
「土いらずのガーデニング」ブティック社 監修
2002年 店頭用水耕用プールベンチを開発、店頭での商品管理を開始
2004年 QRコードの導入・携帯電話用HP開設
NHK・農業協同組合主催日本農業賞大賞受賞
2005年 農林水産祭 天皇杯 受賞
2008年 Stylish Green Julli 岡崎店オープン
2010年 人工園芸用土リサイクルコーン(リサコ)を新東株式会社と共同開発
 経済産業省の地域産業資源活用事業計画に認定

天皇杯について
天皇杯は、スポーツ及び農林水産業の振興のため、特に業績のあった最優秀者に対して授与されるものです。農林水産業では、農産、園芸、畜産、蚕糸、林産、水産、まちづくりの7部門にそれぞれ与えられ、「農林水産祭参加行事」として開催される約330の行事(約10万点の参加)において農林水産大臣賞(約560点)を受賞した者の中から厳正な審査を経て選定されます。