観葉植物を土を使わない「ハイドロカルチャー」で「植物のある暮らし」を提案する有限会社三浦園芸

ハイドロカルチャー観葉植物の三浦園芸

有限会社三浦園芸はハイドロカルチャー(水耕栽培)による観葉植物の生産販売、直営店の運営を軸に、世界各国の農家から商品を仕入れ、日本全国に販売網を持つ、環境対応型の農業を目指す愛知県の会社です。

※ハイドロカルチャーとは
ハイドロカルチャーとは「土を使わず植物を育てる水耕栽培」のことです。土を使わないので、清潔で部屋を汚さず、手入れも簡単で、特別な園芸の知識がなくても誰にでも楽しめます。

観葉植物国内出荷鉢数トップクラス

ハイドロカルチャーによる観葉植物の生産に特化し、自社農場、国内・海外委託農場含め65ha以上の敷地で栽培、観葉植物国内出荷鉢数トップクラスを誇ります。

環境対応型農業

環境対応型の農業を目指し、地域の森林の間伐材を暖房機や植え込み材料として利用し、施設に降った雨水を回収し、植物の水やり等に活用する工夫をしています。

世界との繋がり

世界11ヶ国の協力農家から仕入れを行い、フィリピンではパートナーショップ5店舗を展開。園芸にまつわる商品の発注などで、現地の活性化に協力しています。